【青年漫画】今ハマっている漫画紹介!

どうも、こんにちは!イッパイアッテナの漫画好き代表山口です。今回も今私が絶賛ハマり中のマンガを、ジャンル問わずご紹介いたします!(少女漫画・家族漫画編はこちら)

青年漫画

テセウスの舟

東元俊哉さんが、モーニングで連載中の本作。あらすじはこんな感じです!

あらすじ

 

1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。(講談社コミックプラスより引用)

主人公が過去にタイムスリップし、父親が起こしたとされる事件の真相を解き明かしていくサスペンス漫画である本作。
まず、1巻冒頭、その世界観にいきなり引き込まれました。始まりからすごく面白い。
(サスペンス要素が強いので、ネタバレなく読み始めたい!という方は、今ならモーニングの公式サイトにて1話試し読みがあるので、是非先に読んでみてください。)

主人公・心(しん)は、父親が大量殺人事件を起こした死刑囚であることが原因で、人の目を気にして生きている青年です。
幼いころから母親に、殺人犯の息子なのだから人の前で笑ったり泣いたりできる立場ではない、と躾けられてた心。事件のことがバレるたびに引っ越すなど、辛い子供時代を経て成長し、大人になった今でも、ネットに「殺人犯の息子」として自分の情報が晒されていないか注意深く監視する日々を送っていました。

心は、父親が捕まった後に生まれたため、父親とは一切面識すらありません。それでも否応なく背負わされてしまった、「殺人犯の息子という運命。心が「殺人犯の息子」としてどのような環境で生きてきたのか、その辛い描写が1話にぎゅっと詰まっています。

そして、ある出来事をきっかけに、心は父親の冤罪の可能性を疑い、自ら調査をはじめるのですが、その過程で心はあろうことか「父親が捕まる前」の時代にタイムスリップし、父親と初めて対面することになります。過去を巻き込んでの壮大なストーリーは、読者に息をつかせる間もなくどんどんページをめくらせます。

これは本当に、”殺人犯”の家族の物語なのか?それとも、”冤罪被害者”の家族の物語なのか
是非実際に手に取って確かめてみてください!

 

今後も、ジャンル問わずいろんな漫画をチェックしていきます!またお気に入りがあったら紹介したいと思います◎