クライアントワークス事業

Webサイトを「つくる」事業部です。イッパイアッテナは、Webサイトを「つくる」のが得意です。「つくる」とは、企画、分析、制作、運用をすることです。ホームページやサービスサイト、ショッピングサイトやキュレーションサイトなど、ユーザーの目に触れるWebサイトはすべて「つくる」ことができます。

Webサイトを作る上で重要なポイント。
それは、「通訳」の存在です。

Webサイトを作る上で、イッパイアッテナは通訳の存在を大事にしています。ここで言う通訳とは、いわゆる「ディレクター」と呼ばれる役割のことで、この役割がきちんと機能しているかどうかで、Webサイトの完成度は大きく変わってきます。たとえば、お客さまが「かっこいいサイトを作りたい」と思ったとき、お客さまにとっての「かっこいいサイト」がどのようなサイトなのかを定義する必要があります。それがお客さまの目的に本当に沿っているかを考察した上で、Webサイトを作るにあたり必要な情報に変換をし、デザイナーに説明をする。ディレクターはこんな仕事をしています。「他に頼んだのに、ぜんぜん思ったとおりのものを作ってくれなかったんだ。」というお客さまの声をよくお聞きしますが、そんなときはたいていの場合、この「ディレクター」が機能していません。専門知識のないお客さまでも安心してWebサイトを作ることができる。イッパイアッテナはそんなことを大切にしています。