Shopify(ショッピファイ)と実店舗販売サービス(POS)について

ShopifyでECサイトを運用していく上で、実店舗やポップアップストアを営業する際にPOSアプリは商品管理や顧客情報の収集に役立つアプリのことです。今回はPOSアプリとは何か、実際の設定方法についてご紹介していきます。

ECサイトを運営する人の中には、実店舗を将来持つ計画をしていたり、期間限定でポップアップストアで商品を販売することがあると思います。
そんな時に、オンラインショップと実店舗(オフラインショップ)を分けて、売上管理や在庫管理をするのは正直かなり手間の掛かることです。

目次

  1. POSアプリとは?
  2. Shopify POS
  3. POSアプリの設定方法
  4. Shopify POSアプリを利用する際のアドバイス
  5. まとめ

1.POSアプリとは?

飲食店やスーパー、コンビニで働いたことのある方は「POSレジ」という言葉を聞いた事があるかもれません。「POSレジ」とは、POSシステムを搭載した端末のことで、商品が実際に売れた時点での情報やデータを取得して管理する仕組みのことを言います。

例えば、商品が精算されると同時に購入データがコンピューターへと送信され、何がいくつどこでどの年齢層に買われたのか等の情報が記録され、在庫管理やマーケティングに活かされるというシステムです。
つまり、ECサイトにPOSアプリを導入し連携させると、POSレジのような機能を活かす事が、実はShopifyでもできるのです。
POS…Point of Sales(販売時点情報管理システム)」の略。一般的には、「ポス」と呼ばれ、北米では「ポーオーエス」と呼ばれています。

2.Shopify POS

ECサイトを運営する人の中には、実店舗を将来持つ計画をしていたり、期間限定でポップアップストアで商品を販売することがあると思います。

そんな時に、オンラインショップと実店舗(オフラインショップ)を分けて、売上管理や在庫管理をするのは正直かなり手間の掛かることです。
そこで、役立つのがShopify POSです!

ShopifyのECサイトと連携させたPOSシステムで、商品が精算されると、その商品分の在庫がオンラインショップから自動的に引かれ、売上金額も加算されます。

Shopify POSは、iOSとAndroidのデバイスに対応しており、iPhoneやAndroidのスマホ、iPadなどの端末にダウンロードすることですぐに使い始めることが可能です!
インストールはこちらから
iOSダウンロード
Androidダウンロード

3.POSアプリの設定方法

①iOSまたはAndroidの端末より、下記のリンクからアプリをダウンロードする
iOSダウンロード
Androidダウンロード

②アプリのアイコンをタップし、自社のShopifyのECサイトにログインする
→Shopifyの該当ストア管理画面を開いたら操作をしていきます。

③「販売チャンネル」をクリックする

④「POS」をクリックする
ShopifyのPOS設定1

⑤設定情報を入力する
→入力が進んでいくと、POSの追加が完了します。
ShopifyのPOS設定2

⑥POSアプリ上に商品を追加する
→新規ロケーションには商品が設定されていないので、手動で追加します。
Shopifyの該当ストア管理画面を開いたら操作をしていきます。

⑦「在庫」をクリックする

⑧POSアプリで売りたい商品にチェックを入れる

⑨「バリエーションを編集する」をクリックする
ShopifyのPOS設定3

⑩「フィールドを追加」をクリックする

⑪「Location」から「販売したいロケーション-利用可能」をクリックする
ShopifyのPOS設定4

⑫在庫数を入力
→この際にShiftボタンを使って上から下まで一括選択することで、一気に在庫数を変更できます。
ShopifyのPOS設定5

⑬完了
→アプリに ここまで終了すると、スマホまたはiPad上のPOSアプリに商品が設定されます。

4.Shopify POSアプリを利用する際のアドバイス

モバイル端末の決済サービスとShopify POSアプリを併用
現状、Shopify POSアプリにはクレジットカード決済、QRコード決済、IC決済の対応ができておりません。なので、実店舗で販売する事業者の方は、楽天ペイなどのモバイル端末決済のサービスをShopify POSアプリと併用しているケースが多いです。

モバイル端末決済とは、スマホやタブレットで精算が可能な電子決済サービスのことです。
現在のモバイル端末決済を種類に分けると以下になります。

  • クレジットカードをカードリーダーで読み取り、決済するタイプ
  • おサイフケータイやICチップ搭載カード、ApplePayをかざして、決済するタイプ
  • バーコードやQRコードを端末アプリで読み取り、決済するタイプ

国内では各種全てに対応している楽天ペイが人気です。

外国人消費者に向けて、クレジットカード決済は必須
海外から来日している消費者が商品購入時、クレジットカード決済の対応は必須となります。
Shopify POSアプリを利用し、ポップアップストアや実店舗での販売を予定している方は、是非モバイル端末決済の導入もご検討ください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、POS機能についてご紹介させて頂きました。POSを導入することで今度のマーケティングや、販売方針の大きな判断材料となる機能です。
将来的に実店舗販売や、ポップアップストアでの出店を予定されている方は是非、POSアプリのサービスを取り入れ、商品販売の管理を実施してみてください!

ShopifyでのECサイト制作はイッパイアッテナにお任せください!

イッパイアッテナでは、WEB制作の専門家が、Shopifyの新規サイト立ち上げのお手伝いをさせていただきます。
「忙しくてなかなか取り掛かれない」「イメージが沸かない」「ネットにどうしても苦手意識が」そんな方はぜひ、イッパイアッテナにご相談ください。
Shopifyバナー